mic's juice
F1やインディ関係を中心に、好きな事を好きなだけ。 (ミックスジュースのように ごちゃ混ぜ です)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
INDY 2013 ⑲フォンタナ
インディカー シリーズ 2013 第19戦(最終戦)
フォンタナ / オートクラブスピードウェイ

1 W.パワー Team Penske / シボレー
2 E.カーペンター Ed Carpenter Racing / シボレー
3 T.カナーン KV Racing Technology / シボレー
4 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport / シボレー
5 S.ディクソン Chip Ganassi Racing / ホンダ

17(R) 佐藤琢磨  A.J. Foyt Racing / ホンダ

 HONDA Racing  (HONDA ホームページ)
 US-RACING   (レースレポート)


今シーズン最終戦、500マイルの長丁場なレースを制したのはパワー!
今シーズン3勝目を挙げました。

2位は昨年のフォンタナ優勝者エド。
相変わらずオーバルでは強いですね。
3位にはカナーンが入りました。

今シーズンは少なくなりましたが、
やっぱりオーバルコースでのハイスピードバトルは楽しいですね。

500マイルという長丁場もあってか、
アクシデントや、エンジントラブル(オーバーヒート)で
リタイアする車が多く、完走9台というサバイバルレースとなりました。

チャンピオンシップ争いは
カストロネベスとディクソンの争いでしたが、
終盤にエリオがフロントウイングを壊し勝負あり。
ディクソンが5年振り、3度目のタイトル獲得となりました。
※ディクソンは5年おきにタイトルを取る法則??
(2003、2008、2013)が見事に当たりましたね。
 早くも2018年のタイトル確定!なんて(笑)


琢磨は予選を走れず、最後尾スタートから追い上げ
一時はラップダウンとなりましたが、
コーションを利用してリードラップに戻り
11位まで順位を上げましたが、
最終的にはエンジンがオーバーヒートを起こし
リタイアとなってしまいました。

今シーズンは序盤戦で初優勝を含むいい結果を残せましたが、
中盤以降は厳しい展開が続きました。
ヒューストンでポールを獲得したり速さは見せましたが、
安定した強さが備わってくるといいんですけどね。

※来シーズンのAJフォイト残留はほぼ決定のようですし、
 さらに2カー体制になる可能性も高そうなので
 更なる飛躍を期待しています!

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mic1103.blog.fc2.com/tb.php/119-1f25b7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。