mic's juice
F1やインディ関係を中心に、好きな事を好きなだけ。 (ミックスジュースのように ごちゃ混ぜ です)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
INDY 2013 ⑲フォンタナ
インディカー シリーズ 2013 第19戦(最終戦)
フォンタナ / オートクラブスピードウェイ

1 W.パワー Team Penske / シボレー
2 E.カーペンター Ed Carpenter Racing / シボレー
3 T.カナーン KV Racing Technology / シボレー
4 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport / シボレー
5 S.ディクソン Chip Ganassi Racing / ホンダ

17(R) 佐藤琢磨  A.J. Foyt Racing / ホンダ

 HONDA Racing  (HONDA ホームページ)
 US-RACING   (レースレポート)


今シーズン最終戦、500マイルの長丁場なレースを制したのはパワー!
今シーズン3勝目を挙げました。

2位は昨年のフォンタナ優勝者エド。
相変わらずオーバルでは強いですね。
3位にはカナーンが入りました。

今シーズンは少なくなりましたが、
やっぱりオーバルコースでのハイスピードバトルは楽しいですね。

500マイルという長丁場もあってか、
アクシデントや、エンジントラブル(オーバーヒート)で
リタイアする車が多く、完走9台というサバイバルレースとなりました。

チャンピオンシップ争いは
カストロネベスとディクソンの争いでしたが、
終盤にエリオがフロントウイングを壊し勝負あり。
ディクソンが5年振り、3度目のタイトル獲得となりました。
※ディクソンは5年おきにタイトルを取る法則??
(2003、2008、2013)が見事に当たりましたね。
 早くも2018年のタイトル確定!なんて(笑)


琢磨は予選を走れず、最後尾スタートから追い上げ
一時はラップダウンとなりましたが、
コーションを利用してリードラップに戻り
11位まで順位を上げましたが、
最終的にはエンジンがオーバーヒートを起こし
リタイアとなってしまいました。

今シーズンは序盤戦で初優勝を含むいい結果を残せましたが、
中盤以降は厳しい展開が続きました。
ヒューストンでポールを獲得したり速さは見せましたが、
安定した強さが備わってくるといいんですけどね。

※来シーズンのAJフォイト残留はほぼ決定のようですし、
 さらに2カー体制になる可能性も高そうなので
 更なる飛躍を期待しています!

スポンサーサイト
INDY 2013 ⑱ヒューストン -レース2-
インディカー シリーズ 2013 第18戦
ヒューストン / ヒューストン市街地

<レース2>
1 W.パワー Team Penske / シボレー
2 S.ディクソン Chip Ganassi Racing / ホンダ
3 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport / シボレー
4 J.ウィルソン Dale Coyne Racing / ホンダ
2 S.ブルデー Dragon Racing / シボレー

14(R) 佐藤琢磨  A.J. Foyt Racing / ホンダ

 HONDA Racing  (HONDA ホームページ)
 US-RACING   (レースレポート)

パワーが今シーズン2勝目

大雨の為、予選が中止となり
ポイントランク順にスタートすることになったレース2。

ポイントリーダーのエリオにとってはラッキーな展開でしたが
ギアボックストラブルにより後方へ沈んでしまいました。
逆にディクソンは2位でレースを終え、ポイントランク逆転に成功。
タイトル争いは最終戦にて決着となりました。

琢磨は15位スタートでしたが、グリッドを誤り
最後尾スタートとなってしまいましたが、順調に順位を上げ
終盤には7位までポジションを上げました。

そしてファイナルラップ。
久々のシングルフィニッシュかと思われましたが、
タイヤカスに乗り姿勢を崩したところへダリオが追突!
ダリオのマシンは宙を舞い、琢磨のマシンにビソが突っ込む
という大きなアクシデントとなってしまいました。
琢磨、ビソは無事のようですが、ダリオは足を骨折
観客にもけが人が出たようですが、大事には至らずということで
良かったです。

次戦は 10/20 最終戦、フォンタナ
500マイルのオーバルレース!
チャンピオンシップの行方は?
ポイント的にはディクソン有利、
でもオーバルではシボレー(エリオ)が強そう
どうなるか楽しみです。

それから不運続きの琢磨。
高望みはしませんが、何とか完走してほしいものです...
日曜昼間でゆっくる見れるか不安ですが、
最終戦ですから楽しんで見たいです。




インディ結果もミニカーネタも色々あるのに
全然更新出来ずに来てしまいました。

フェラーリミニカーもすっかり溜まってますし…
徐々に更新して行きたいと思いますが...
INDY 2013 ⑰ヒューストン -レース1-
インディカー シリーズ 2013 第17戦
ヒューストン / ヒューストン市街地

<レース1>
1 S.ディクソン Chip Ganassi Racing / ホンダ
2 S.デ・シルベストロ KV Racing Technology / シボレー
3 J.ウィルソン Dale Coyne Racing / ホンダ
4 S.パジノウ Schmidt Hamilton Motorsports / ホンダ
5 J.ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing / ホンダ

17(R) 佐藤琢磨  A.J. Foyt Racing / ホンダ

 HONDA Racing  (HONDA ホームページ)
 US-RACING   (レースレポート)

ディクソンが今シーズン4勝目
ポイントリーダーのエリオが18位となったことで、
ポイント差は一気に8ポイントと射程圏内に入りました。

2位はキャリアベストのシモーナ。
女性ドライバーの表彰台はもてぎのダニカ依頼ですかね。
お見事でした。

今季初(2年振り)のポールを獲得した琢磨でしたが、
スタート直後のアクシデントでの破片を拾ってしまいパンク。
ピットストップにより12位までポジションを下げてしまいました。
その後も粘り強く走り、トップ10圏内での走行をしていましたが、
ジェイクスに押し出されるような形でタイヤバリアへ...
リタイアとなってしまいました。

第18戦 ヒューストン -レース2- へ続く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。