mic's juice
F1やインディ関係を中心に、好きな事を好きなだけ。 (ミックスジュースのように ごちゃ混ぜ です)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
INDY 2013 ⑬トロント -レース2-
インディカー シリーズ 2013 第13戦
トロント / トロント市街地

<レース2>
1 S.ディクソン Chip Ganassi Racing / ホンダ
2 H.カストロネベス Team Penske / シボレー
3 S.ブルデー Dragon Racing / シボレー
4 D.フランキッティ Chip Ganassi Racing / ホンダ
5 E.J.ヴィソ  Andretti Autosport / シボレー

20(R) 佐藤琢磨  A.J. Foyt Racing / ホンダ

 HONDA Racing  (HONDA ホームページ)
 US-RACING   (レースレポート)

レース1に続き勝ったのはディクソン
ダブルヘッダーの連勝ボーナスも獲得!(笑)
3連勝でランキングも2位に浮上です。

2位にはランキング首位のエリオ。
リードは少なくなってきてますから、
念願のチャンピオンへ、踏ん張りどころといったところかな?

3位はブルデー。
こちらも連続表彰台!
チームにとっても本人にとっても嬉しい結果ですね。
またしても注目は表彰台でしたけど(笑)

ここ数戦でガナッシ完全復活という感じですね。
序盤は心配しましたけど、今では琢磨の方が心配になってきました。

その琢磨は10位~7位位を走行し、上位とはいかないまでも
結果を出せそうでしたか、最後のリスタート時に
前方での玉突き事故の影響から(自分でも突いているように見えましたが)
行き場を失い、ハンター・レイの後ろでリタイア。
またこの二人か!?という感じでしたが、
今回は直接は絡んでいないからね…(笑)
何れにせよ悪い流れは続いてます。
何とか完走を。もう一度上位に!
頑張ってほしいです!

次戦は 8/4 ミッドオハイオ
頑張れ琢磨!!




スポンサーサイト
INDY 2013 ⑫トロント -レース1-
インディカー シリーズ 2013 第12戦
トロント / トロント市街地

<レース1>
1 S.ディクソン Chip Ganassi Racing / ホンダ
2 S.ブルデー Dragon Racing / シボレー
3 D.フランキッティ Chip Ganassi Racing / ホンダ
4 M.アンドレッティ  Andretti Autosport / シボレー
5 T.カナーン KV Racing Technology / シボレー

24(R) 佐藤琢磨  A.J. Foyt Racing / ホンダ

 HONDA Racing  (HONDA ホームページ)
 US-RACING  (レースレポート)

トロントでのダブルヘッダー、レース1は
ディクソンが勝利し2連勝を飾りました。

注目のスタンディング・スタートですが、
ニューガーデンがエンストして、そのままローリングスタートへ…
最初のスタートくらいやり直せばいいのに!って思いましたけどね。

2位はブルデー。
何と2007年以来との事です。
ドラゴンレーシングにとってはチーム初の表彰台との事で
本当に嬉しそうでした。
ただチェッカー後に喜んでドーナツターンを見せてエンスト。
表彰台ではトロフィー(ガラスのカップ?)が落下して
割れてしまうというアクシデントが発生。
レース以上に話題になってしまいました(笑)
でもあれはトロフィーの渡し方も、形(台座とつながってない)のも
悪いと思うんですけど... 決してブルデーが悪いと言えないな。

3位にはダリオ。
ファイナルラップでパワーをブロックしたということで
ペナルティーが出て、一旦は3位から降格となりましたが
後に取り消し…
インディのペナルティってよく解りません。

琢磨は11位スタートから序盤に順位を落としましたが、
粘り強く走ってるかと思われましたが、
エキゾーストトラブルの影響でギアシフトも出来なくなり
リタイアとなりました。
悪い流れが続いているのが気になります。
何とか巻き返しを! 頑張ってほしいです。

第13戦 トロント -レース2- へ続く

INDY 2013 ⑪ポコノ
インディカー シリーズ 2013 第11戦
ポコノ / ポコノ・レースウェイ

1 S.ディクソン Chip Ganassi Racing / ホンダ
2 C.キンボール Chip Ganassi Racing / ホンダ
3 D.フランキッティ Chip Ganassi Racing / ホンダ
4 W.パワー Team Penske / シボレー
5 J.ニューガーデン / Sarah Fisher Hartman Racing ホンダ

22(R) 佐藤琢磨  A.J. Foyt Racing / ホンダ

 HONDA Racing (HONDA ホームページ)
 US-RACING  (レースレポート)

ディクソンが今シーズン初優勝!
キンボールがキャリアベストの2位表彰台
ダリオは(何と!)今年初表彰台の3位。
チップ・ガナッシが初の1-2-3フィニッシュとなりました。

ターゲット・チップ・ガナッシ・レーシングとしては通算100勝目、
(インディでではなく、全カテゴリーで100勝との事です)
そして初の表彰台独占となりました。
ホンダにとっては通算200勝!
ディクソンがマシンから降りた際に、小さなフラッグを持ってるなー
と思って見てましたが、200勝記念のフラッグだったんですね。

レースはアンドレッティ勢が上位で引っ張る展開
(ヒンチは1コーナーでクラッシュしてしまいましたが…)
マルコは強いなーと思いましたが、
最終的には燃費レースとなり、まさかのガナッシ勢勝利でした。


琢磨はディクソンのエンジン交換ペナルティにより7位スタート。
序盤に5位まで上がり、2期目のピットストップ前には3位まで上がりましたが
2回目のピットストップに向かう際にオーバースピードにより
前を行くハンター・レイに追突。
ガレージで修理を試みたようですが、リタイアとなりました。
明らかなオーバースピードで「自分のミス」、
「ハンター・レイとチームに謝りたい」と反省していました。

燃費レースとなったので生き残っていても最後は厳しかったかもしれませんが
上位は狙えるレースだっただけに今回のミスは残念でした。

次戦は 7/13,14 トロントでのダブルヘッダー。
※土曜日のレース1はスタンディング・スタートとの事!
琢磨の得意な市街地コースで一気に巻き返しを期待します!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。