mic's juice
F1やインディ関係を中心に、好きな事を好きなだけ。 (ミックスジュースのように ごちゃ混ぜ です)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェラーリ F1 コレクション 37
フェラーリF1コレクション
Vol.37 : 275F1  A.Ascari (1950年)
FF1-37_275F1.jpg FF1-37_275F1_2.jpg

1950年アルベルト・アスカリのマシンです。

F1世界選手権が始まった1950年のマシンですが、
第1回大会には参加していなかったようですね。

275F1の名前の由来は、
単位排気量(275cc)に由来しているそうです。
※実際には276.86ccのようですが。

やっぱりこの時代のマシンは資料を読んでもよく解らないです...
スポンサーサイト
Ferrari 312T3
Ferrari 312T3
     C.REUTEMANN (1978)


フェラーリ F1 コレクションで紹介した流れで今回はコチラ。
312T3って持ってなかったかな?ということで
探してみたところ、ありました!

ラ・ストーリアというシリーズ?物です。

312T3_1.jpg
↑こんなケースに入っています。

蓋を開くと ↓ コチラ
312T3_2.jpg

ドライバー付きです!
312T3_3.jpg

同じシリーズのF1-2000がマテル製だったので、
これも同じかな?と思っていましたが、
Made in Portugal になってるし、
マテルの文字は何処にもありませんでした。 詳細不明です。

10年ほど前に兄から貰ったミニカーですが、
写真の通り、かさばるので殆ど飾ったこと無いですね。
フェラーリ F1 コレクション 36
フェラーリF1コレクション
Vol.36 : 312T3  C.Reutemann (1978年)
FF1-36_312T3.jpg FF1-36_312T3_2.jpg

1978年、カルロス・ロイテマンのマシンです。
名前の通り 312T シリーズの3代目
ロイテマンとヴィルヌーブのコンビで走り、
シーズン4勝を挙げましたが、ロータス勢には敵わず
ランキング2位に終わりました。


なんとな~くな記憶なんですが
自分が子供の頃使ってた色鉛筆(缶ケース?)の
箱(写真)が312T3だった気がするんですよね。
勿論当時はフェラーリなんて知りませんでしたけど。
その為か何となく懐かしいマシンなんですよね。
フェラーリ F1 コレクション 35
フェラーリF1コレクション
Vol.35 : 500 F2  K.Adolff (1953年)
FF1-35_500F2.jpg

1953年、クルト・アドルフのマシンです。
500 F2?聞き覚えがあるなと思い調べると、
Vol.15(1952年アスカリ)と同じマシンですね。
ただ形状的には Vol.32 625F1 (1954年)の方が近いような感じです。

申し訳ないですが全く知識が無い50年代のフェラーリ
53年を制したフェラーリ500F2ですが、
このマシン自体は、スクーデリア・エスパドンというチームの物のようですね。
知らない時代なので何とも言えませんが、
公式のフェラーリF1(スクーデリア・フェラーリ)のマシンのみじゃないのかな??
という気がしております。



結局、中々更新出来ない日々。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。